通常運用に入りましたが、どうしてもFANのうるさささが気になります。

FAN1:これは空き
FAN2:CPU(X10SDV-TLN4FのオンボードCPUに標準搭載)
FAN3:ケース(SilverStone SST-CS280Bの正面80mm FAN)
FAN4:ケース(SilverStone SST-CS280Bの正面80mm FAN)

一番うるさいのはCPU FAN、ケースFANも結構うるさいです。CPUの温度が高い?せいでCPU FANの回転数も高くなっているのが問題の様にも思われます。
現在のステータスはこんな感じ
vmware2

そこで、ケースFANをコレに変更

PWM方式で500-2200rpm、8-21dBという仕様。
標準搭載してあったFANより風量とPWMによる回転数制御で静音を期待。
ちなみに、標準搭載品のFANが厚さ15mmに対して、このFANは厚さ25mmなので、内部の2.5HDDベイが干渉してそのままでは実装できません。
よって、内部の2.5HDDベイは取り外して実装しました。

結果、ケースFANは少し静かになりましたが、やはりCPU FANがうるさい。
ケースFANの回転数は下がりましたがその分、風量が減っているようで結局CPUの温度は変わらず。
ケース自体のエアーフローが良く無い気がします。
マザーボードにはもう1つFANのヘッダピンがあるので、それを使ってケースFANを追加してみることにしました。
120mmのPWM方式のケースFANが手元に有ったので、それを実装します。ただし、ケース内にはFANを入れる隙間は皆無なので、ケース外側にFANを張り付ける格好に。
fan
かなり改善され、CPU温度もいい感じです。
10GのNICもアッチッチだったのが大分ましになりました。
vmware3

やはり、小型ケースはエアーフローが課題ですね。
CPU FANの交換も考えましたが、いったんはこの状態で様子を見ることにします。